二眼レフカメラで撮る伝説のフィルム。ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400

ローライフレックス2,8FでトライXを使ってみた!|ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400
ローライフレックス2,8FでトライXを使ってみた!|ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400

ローライフレックス現像第2段は、みんな大好きトライX400です。前回のARISTA EDU ULTRA 400と比べてどうでしょう??

Kodak TRI-X 400の現像データ

忘れないうちに現像データをば。11月は何もしなくても20度キープできるので楽ですな。

TRI-X 400を21℃/9分で現像

Kodak TRI-X 400の現像データ|ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400
Kodak TRI-X 400の現像データ|ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400

現像データはD-76の説明書に従って以下の通り。

現像:21℃/9分(最初30秒連続、以降10秒撹拌・50秒静止のサイクルで9分間)
停止:30秒ちょい
定着:6分ちょい(現像と同じ要領で)
水洗:1分+QW1分+5分 ドライウェル:1分

ローライフレックスとKodak TRI-X 400の組み合わせ

この記事のすべてがトライXの写真であります。以下にトライXを使ってみて現像してみての感想を書きますと・・・。

トーンがいっぱいで繊細かつ十分微粒子

Kodak TRI-X 400はトーンが豊かだ(◎_◎;)|ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400
Kodak TRI-X 400はトーンが豊かだ(◎_◎;)|ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400

前回のARISTAと比べると、黒の中に黒がいっぱい! ややもすると“眠い”感じなのは、現像の甘さかピントの甘さか(;^_^A プリント(フォトショ)での仕上げに余地がいっぱいあるではありませんか!?

夜の街に強いトライX

Kodak TRI-X 400は夜の街にも強い|ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400
Kodak TRI-X 400は夜の街にも強い|ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400
黒つぶれせず粒子も荒すぎずで素晴らしいバランス|ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400
黒つぶれせず粒子も荒すぎずで素晴らしいバランス|ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400

トライXは夜の街を撮るのにもピッタリ! 相変わらず手振れしているのはご愛敬です(;^_^A

レンズのせいなのか、手振れ+ピントが甘いせいなのか、ずいぶん優しく写るんですなぁ、ローライって。ネガのカラーフィルムで人物撮ったらフワッと温かい雰囲気になりそうです。

逆光でも優しい写りは変わらない

ローライの凄さか、逆光でも優しく写る|ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400
ローライの凄さか、逆光でも優しく写る|ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400

さらに驚いたのが、すごい50年近く前のレンズなのに逆光強いのね。変なフレアやゴーストはなく、それでいて優しい写りは残っていて素晴らしい。

絞ってもカリカリにならないし、風景よりは人物とかのほうがいいかもしれません。

ローライフレックスで撮るポートレート写真

困りました、人物あまり撮らないのですな、ワタクシ。しょうがない、人物の代わりに“あの”ポートレート写真を撮りましょうそうしましょう。

ローライで猫ポートレート?

ケンカ中の猫をローライで。めっちゃにらまれてます|ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400
ケンカ中の猫をローライで。めっちゃにらまれてます|ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400
お昼寝中の猫をローライで|ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400
お昼寝中の猫をローライで|ROLLEIFLEX 2.8F + Kodak TRI-X 400

猫がいたら写真を撮るのは人間のサガにして宿命なのです(*´ω`)

フィルム選びは続く

実際に使ってみて、トライXとARISTA EDU ULTRA 400はかなり違うフィルムであることが分かりました。さてさて、選択肢が少ないながらフィルム選びは楽しいですな。

ローライをのんびり使い続けるためのフィルム選び

ローライの次のフィルムは何にしよう|Leica M10 Monochrome + C Sonnar T* 1.5/50 ZM
ローライの次のフィルムは何にしよう|Leica M10 Monochrome + C Sonnar T* 1.5/50 ZM

どんなフィルムでも1本1,000円超というご時世。できれば好きなフィルムを使い続けたいものです。願わくば、できるだけ安く、できるだけ入手が簡単、というのが理想。

トライXは国内では高級品で、海外通販でもそれなりに高級品かつ入手に時間がかかります。国内で、できるだけ手軽に、となるとイルフォードが良いかしら??

というか、すでにイルフォード(HP5)ゲットしてたりして、6本ほど撮ってたりして・・・。なので、近日中に現像の上、どんなフィルムか検証してみましょうそうしましょう。