SNS活用術! 自動連携でInstagramの投稿をTwitterで写真付きツイート

前回はLeica M10とスマートフォン(iPhone)をWi-Fi接続する方法をご紹介しました。今回はその続編! インスタグラムとツイッターを“上手”に連携させる方法です。インスタグラマーに俺はなる!

◇前回の記事
Wi-FiでiPhoneとM10をつなげてみよう!

スポンサーリンク

インスタグラム・ツイッター連携の問題点

インスタグラムで写真をアップし、その写真をツイッターでもツイートしたい。そんな要望あったりしませんか? ハイ、「ある」という前提で以下進めます(〃艸〃)ムフッ

インスタグラムからの連携では写真が表示されない

インスタグラムからの連携では写真が表示されない
インスタグラムからの連携では写真が表示されない

インスタグラムをお使いの方かもですが、インスタグラムに投稿するとき、投稿画面でFacebookやツイッターに同じ情報を飛ばすことができるのです。

「まぁなんて便利な機能(≧▽≦)」と思うでしょう。インスタグラムにアップするだけで全部のSNSに同じ情報を発信できるのは確かにすごい便利なのですが、ここに落とし穴が・・・。

どういう訳か、インスタグラムの画像がほかのSNSでは表示されないのですわ(;´Д`) せっかくの機能なのに、肝心の写真が表示されなきゃ意味ないですやん・・・(-_-;)


インスタグラムの写真をツイッターでも表示させよう!

ハイ、という訳で、インスタグラムの写真をツイッターでも同時に表示させるのが今回のテーマです。

IFTTTというアプリを使えばOK

IFTTTというアプリを使う
IFTTTというアプリを使う

やり方は簡単、実に簡単。IFTTTというアプリを使うのであります。「えぇ、また余計なアプリをダウンロードするのかい!?」と思うかもしれません。すみません、ダウンロードしないといけないのです(;´Д`)

※ほかにも方法あるかも、ですが、勉強不足のため省略(゚Д゚;)


IFTTTを使ってみよう!

ではIFTTTをダウンロードします。APPストアやグーグルプレイで検索してね(*´ω`)

IFTTTをダウンロード

IFTTTをダウンロード
IFTTTをダウンロード

APPストアでIFTTTを見つけたら早速、有無を言わせず、盲目的にダウンロードしましょう! インスタグラマーへの道は始まっているのです(; ・`д・´)

ちなみに、このIFTTT、どんなアプリかと申しますと、「あるアプリでの行動をトリガーに別のアプリで行動を起こさせる」アプリなのですわ。「インスタグラムに投稿したらツイッターに投稿」とか、「Facebookに投稿した画像をドロップボックスに保存」などなど、さまざまなトリガー(レシピというらしい)がある模様。ここら辺の詳細は大胆に割愛します(*´ω`)

IFTTTのアカウントを作成

IFTTTのアカウントを作成
IFTTTのアカウントを作成

IFTTTをダウンロードしたら自分のアカウントをつくりましょう、そうしましょう。グーグルアカウントやFacebookアカウント、Eメール・パスワードにてアカウントをつくれます。

トリガー(レシピ)を見つけよう

Tweet your Instagrams as native photos on Twitterで検索
Tweet your Instagrams as native photos on Twitterで検索

アカウントつくったらIFTTTのホーム画面に遷移。下段のところに「Search(検索)」があるので、そこに「Tweet your Instagrams as native photos on Twitter」を入力しましょう。

ちなみに、同じ機能を持つレシピが何種類かあったりします。今回の「インスタ写真をツイッターでも表示」を実行するレシピは、「Tweet your Instagrams as native photos on Twitter」以外にもあったかと。適宜、お好みのレシピをお選びくださいませ(*´ω`)

インスタグラムとツイッターのログイン情報を入力

ツイッターのログイン情報を入力
ツイッターのログイン情報を入力

「Tweet your Instagrams as native photos on Twitter」を見つけたら、それをタップ。すると「Turn On」というボタンが表示されるので「On]にします。

そうすると、インスタグラムとツイッターのログイン情報を入力する画面に。サクッとログイン情報を入力し、「連携アプリを認証」をタップ。

IFTTTの設定無事完了

IFTTTの設定無事完了
IFTTTの設定無事完了

IFTTTの設定はこれでオシマイ! まぁ簡単(*´ω`) これでインスタグラムとツイッターを連携させる準備が整いました!


インスタグラムに投稿してみよう!

IFTTTの設定が終わったらインスタグラムに投稿してみましょう!

インスタグラムに投稿してみる

インスタグラムに投稿してみる
インスタグラムに投稿してみる

インスタグラムの投稿方法は、これまた簡単。写真を選んでトリミングを決めて(ノートリミングも可)、エフェクトや画像調整を施すだけ! あっという間でございます(*´ω`)

SNS連携ボタンは触らずに

SNS連携ボタンは触らずに
SNS連携ボタンは触らずに

写真のキャプション(?)書いて、ハッシュタグを「これでもか!」と打ち込んだら、いよいよ公開!

と、その前に要注意。↑の写真にあるFacebookやツイッターへのボタンは触れなくてOKです。これをオンにしちゃうと、またリンクだけのツイートになってしまいます(;´・ω・)

インスタグラムに投稿したぞ~

インスタグラム投稿完了
インスタグラム投稿完了

あとは「シェアする」をタップすればOK。これでインスタグラムに投稿できました!! ぐふふ、ワタクシもインスタグラマーの第一歩を踏み出してしまった(≧▽≦)


ツイッターで自動投稿されているか確認

ここまでできたら、最後はツイッターを確認! 無事、画像が表示されているでしょうか!?

ツイッター起動時に通知が!

ツイッター起動時に通知が!
ツイッター起動時に通知が!

ワクワクドキドキしながらツイッターを起動してみると!! おぉ、何やら通知が届いております!

曰く、「インスタグラムに〇〇〇〇を投稿したよ」なるメッセージ。さてさて、ツイッターにはちゃんと画像付きでツイートされているかしら!?

ここら辺の通知は設定で変更できるはず。無事運用できるようになったら適宜変更してくださいませ。

インスタグラムの写真が無事ツイートされた!

インスタグラムの写真が無事ツイートされた!
インスタグラムの写真が無事ツイートされた!

さぁさぁご開帳! インスタグラムの写真が・・・・無事、ツイートされておりました!!

ツイート文末ハッシュタグの最後には、ift.ttから始まる短縮URLでインスタグラムへのリンクも記載されています。これで、無事、インスタグラムとツイッターを“上手”に連携させることができました!


Leica M10でSNSを活用できるとは、世界がいろいろ広がりそうで楽しみな限り(*´ω`) M10使いのインスタグラマーとか夢が広がりンぐ!?




borikoのカメラSNS

このブログのSNSもボチボチ始めました。まだ全然記事がないですが、よろしければフォローお願いします!

Facebookページ

https://www.facebook.com/borikocamera/

Twitter

https://twitter.com/boriko_camera

Instagram

https://www.instagram.com/boriko_camera/