Leica M10の現像どうしよう!? 無料“VSCO風“Lightroomプリセットを使ってみた

10/11/2018

フィルム調プリセットを試してみた|Leica M10 + C Sonnar T* 1.5/50 ZM
フィルム調プリセットを試してみた|Leica M10 + C Sonnar T* 1.5/50 ZM

Leica M10を使い始めて早1年半。撮影枚数は2,300枚ほどと、フィルムのようなスローペースで遊んでおります(;^_^A そんなLeica M10ですが、いまだ現像スタイルが確立せず。試しに無料のプリセットを使ってみることにしました。

スポンサーリンク

無料のライトルームプリセット「10 Free Lightroom Presets Inspired by VSCO Cam」

ワタクシ、Lightroom 4.4という化石のようなLightroomで現像しています。その化石に、この度プリセットなるものを入れて、安易に現像してみることにしました。

10 Free Lightroom Presets Inspired by VSCO Camをゲットする

10 Free Lightroom Presets Inspired by VSCO Camをゲットする
10 Free Lightroom Presets Inspired by VSCO Camをゲットする

目を付けたのは、「Lightroom プリセット 無料」で検索して出てきたコチラ。「10 Free Lightroom Presets Inspired by VSCO Cam」であります。「VSCO」というフィルムをエミュレートしたプリセット(現在は有料)がありまして、それにインスパイアされて作られた無料のプリセットなのだそう。ダウンロードは以下よりどうぞ

■ダウンロード方法およびダウンロード(無料※Eメールの登録が必要です)
10 Free Lightroom Presets Inspired by VSCO Cam

フィルム風プリセットの特徴

「10 Free Lightroom Presets Inspired by VSCO Cam」でゲットできるプリセットは以下の10種類。フィルム風にできるプリセットであります。

SP-01 – Warm & Muted(Kodak Portra風)
SP-02 – Clean & Blue (該当フィルムなし)
SP-03 – Clean & Green (該当フィルムなし。富士フィルム調)
SP-04 – Clean Pastels (Fuji 160風)
SP-05 – Gritty Pastels (Fuji 160風)
SP-06 – Warm and Moody (該当フィルムなし)
SP-07 – Cold and Faded(該当フィルムなし)
SP-08 – Classic B&W(Kodak Tri-X風)
SP-09 – Rich B&W (Fuji Neopan 1600風)
SP-10 – Faded B&W (Ilford Delta 3200風)

全部英語だったり登録が必要だったりと、やや面倒ですが、ダウンロード・インストール自体は簡単です(方法は割愛)。ダウンロードした理由は、「SP-08 – Classic B&W(Kodak Tri-X風)」を使ってみたかったからであります。


Lightroom Preset「10 Free Lightroom Presets Inspired by VSCO Cam」の描写やいかに?

ではでは早速に見てみましょう! 順不同。気に入ったのだけで、全部のプリセットは試していません

あと、露光量・コントラストなどを調節し、周辺減光・ノイズも追加して現像しているので、完全オリジナルなプリセットの描写ではありません(;^_^A

SP-05 – Gritty Pastels (Fuji 160風)で現像した京都

京都四条をライカ旅|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
京都四条をライカ旅|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

ライカM10で撮る二年坂|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
ライカM10で撮る二年坂|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

八坂神社の五重塔|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
八坂神社の五重塔|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

まずは「SP-05 – Gritty Pastels」から。Fuji 160風で、SP-04より濃く、暖調だそう。そもそも「Fuji 160」って・・・

どんなフィルムでしたっけ(;^_^A

SP-04 – Clean Pastels (Fuji 160風)で現像した通勤風景

ライカM10のある通勤|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
ライカM10のある通勤|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

尼崎駅とライカM10|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
尼崎駅とライカM10|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

淀川を越える|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
淀川を越える|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

開発が進む渋谷駅|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
開発が進む渋谷駅|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

家路につく人が行き交う渋谷駅|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
家路につく人が行き交う渋谷駅|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

続いては「SP-04 – Clean Pastels (Fuji 160風)」のプリセット。同じくFuji 160風で、スッキリシャキッとしたコントラストと豊かな中間トーン、肌の描写に最適なプリセットだそう。

先ほどのSP-05と比べると白がより白に、コントラストもシャッキリしている印象です。

SP-08 – Classic B&W(Kodak Tri-X風)で現像した裏路地

品川の裏路地をM10で|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
品川の裏路地をM10で|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

路地の奥へ消えていく人|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
路地の奥へ消えていく人|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

たまたま入ったもつ焼き屋が大人気|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
たまたま入ったもつ焼き屋が大人気|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

ゴールデン街に初めて行きました|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
ゴールデン街に初めて行きました|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

新宿ゴールデン街は立派な観光地だった|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
新宿ゴールデン街は立派な観光地だった|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

写真撮影には最適かも@ゴールデン街|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
写真撮影には最適かも@ゴールデン街|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

続いては「SP-08 – Classic B&W(Kodak Tri-X風)」。トライX風にしたくて、このプリセットをゲットしたようなものであります。はてさて、トライXに見えますでしょうか!?

・・・トライXって、こんな感じだったっけ(-_-;)ワスレタ

SP-02 – Clean & Blue (該当フィルムなし)で現像したお好み焼き

焼肉屋で出番を待つ軍手|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
焼肉屋で出番を待つ軍手|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

とある裏路地|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
とある裏路地|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

美味しい広島お好み焼きを食べたい!|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
美味しい広島お好み焼きを食べたい!|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

カープは東京で美味しいお好み焼きが食べられる数少ないお店|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
カープは東京で美味しいお好み焼きが食べられる数少ないお店|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

神田のガード下にて|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
神田のガード下にて|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

もつ焼きを求めて都内をぐるぐる|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
もつ焼きを求めて都内をぐるぐる|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

次のプリセットは「SP-02 – Clean & Blue (該当フィルムなし)」。青を引き立たせるよう、赤みは抑えめ。ポップな仕上がりをめざしたプリセットだそうです。

SP-06 – Warm and Moody (該当フィルムなし)で現像した靖国神社

夕日に染まる靖国神社|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
夕日に染まる靖国神社|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

菊の御紋に夕日|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
菊の御紋に夕日|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

逆光の靖国通り|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
逆光の靖国通り|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

新宿思い出横丁にやってきた|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
新宿思い出横丁にやってきた|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

大賑わいの思い出横丁は一大観光地|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
大賑わいの思い出横丁は一大観光地|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

多くの観光客が行き交う新宿思い出横丁、撮影スポットでもある|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
多くの観光客が行き交う新宿思い出横丁、撮影スポットでもある|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

口直しに高田馬場のバーで一杯|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
口直しに高田馬場のバーで一杯|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

最後は「SP-06 – Warm and Moody (該当フィルムなし)」。ムードある雰囲気を醸し出すプリセットで、インスタグラマーに絶賛大人気の暖調に振り切った描写だそう。


Leica M10をどのように現像しようか問題

という感じで「10 Free Lightroom Presets Inspired by VSCO Cam」のプリセットをいくつかつまみ食いでピックアップしてみました。さて、どれを基軸に据えるか、悩ましい。。。

モノクロならトライXで万全だがカラーも悪くない

SP-06 – Warm and Moodyで現像した黒猫|Leica M10 + C Sonnar T* 1.5/50 ZM
SP-06 – Warm and Moodyで現像した黒猫|Leica M10 + C Sonnar T* 1.5/50 ZM

ワタクシ、これまで白黒フィルムばかりだったもので、モノクロしかないなら躊躇なくトライX風で決まりなのであります。ところが、M10はカラーで撮れるんだな(;^_^A

M10のプレビューをモノクロにしてもLightroomに取り込むとカラーに戻るので、これが混乱のもと。モノクロのつもりだったのが「カラーでいいかな?」と思っちゃって、どうやって現像しようか悩んじゃうw

選択肢が多いのも(贅沢な)悩みもの。早くM10モノクロームが出てくれないかな・・・(゚∀゚)


borikoのカメラSNS

当ブログではSNSもボチボチやってます・・・。まだ全然記事がないですが、よろしければフォローお願いします!

Leica TravelogueのFacebookページ

https://www.facebook.com/borikocamera/

Leica TravelogueのTwitter

https://twitter.com/boriko_camera

Leica TravelogueのInstagram

https://www.instagram.com/boriko_camera/