旅のお供にライカレンズを・・・

02/02/2018

フィレンツェ(2014)|Leica M5 + Canon 35mm F1.5

ひょっとしたら、もしかしたら来年の春、海外に行くかもしれない(旅行)! 行先はイタリア/ドイツら辺。・・・ド、ドイツ・・・!?(;゚Д゚)

スポンサーリンク

Canon 35mm F1.5は最高のパートナー・・・だが

海外に行くなら余計な出費は抑えるのが本道。しかし、清く正しいライカ爺は違います

Canon 35mm F1.5にまったく不満はないのだが・・・

教会とライカ|Leica M10 + Canon 35mm F1.5
教会とライカ|Leica M10 + Canon 35mm F1.5

キャノンレンズは良いレンズ|Leica M10 + Canon 35mm F1.5

私が愛してやまないCanon 35mm F1.5。何が良いのか?と聞かれると、上手に答えられませんが、どんなに懐事情が厳しくてもカメラ・ライカ・写真への関心が薄れても、とにかく最後の最後まで手元に残り続けているレンズ

そんなCanon 35mm F1.5にまったく不満はないのだが(最近ちょっと絞り環のガタが気になるけど)、何でしょうか、この沸いてくる検索キーワードは?


ライカレンズのささやき

最近はインターネットにアクセスするのが恐ろしい。なまじっか単語を知っているだけに、キーボードを打つ手が止まりません。

ズマロン? エルマー?? ズミルックス!?

桜丘町の夜|Leica M10 + Canon 35mm F1.5
桜丘町の夜|Leica M10 + Canon 35mm F1.5

渋谷バスターミナル|Leica M10 + Canon 35mm F1.5
渋谷バスターミナル|Leica M10 + Canon 35mm F1.5

恐ろしいのは、やはりドイツ・・・。らい、ライカレンズ・・・(-_-;) 最新のM10に1930年代のエルマー(35mm)、80年を超える浪漫。

いやいや、モノクロと言えばズマロン。ズミクロンじゃなくズマロン。あぁ恐ろしい。

待て待て、35mmと言えば、Canon 35mm F1.5に先を越されたズミルックス。最近は目が飛び出るほどの高騰ぶり。


悩みは尽きぬ。爺の悩みは尽きぬぞい。何という幸せな老後かw