沖縄で夢の時間を。Leica M10で振り返る「ツールドおきなわ」の舞台裏

12/07/2019

11月の沖縄は夢 |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

11月の、とある週末。ライカを片手に沖縄にいました。2019年3回目(宮古島含む)の沖縄ライカ旅。

11月の沖縄は夢

なんとビックリ、今年3回目の沖縄であります。この年齢になるまで本土からほとんど出たことがなかったのに、変われば変わるものです。

三度の沖縄へ

早朝にも関わらず賑わう羽田空港 |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
いざ沖縄 |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
雲から顔をのぞかせる富士山 |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
沖縄本島に到着 |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

目的地は名護。この地が2019年のデスティネーションでした。

名護の夜、ふたたび

名護に帰ってきました。那覇より静かで、のんびり。でも、このときは違った。

酒を飲まない名護の夜

名護の野外コンサート|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
話すばぁば |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
ネコ。ぶれた(;´Д`) |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

酒を飲まないなんて珍しい。でもこのときばかりはしょうがない。素面で撮るのはどうも味気ない。酒の力がないと何も撮れんな。。。

沖縄の目的はおきなわ

沖縄に来た理由はもちろん決まっています。

ツールドおきなわは夢の時間だった

目的はツールドおきなわ |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
夢の時間、宴の後 |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

目的はツールドおきなわに参加するため。夢の時間でありました。

那覇を探検

ツールドおきなわを終えて、飛行機まで時間があったので那覇を探検することに。燃え落ちてしまった首里城にも行きました。

首里城と那覇のクラフトビールと

教えてもらった沖縄市のオークレストン。めっちゃ美味しかった |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
時間が空いたので那覇を探検に |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
那覇はアップダウンが激しい |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
沖縄のモノレール|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
首里城、初めてきた |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
首里城の立派な門|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
首里城近くの本格ドイツなクラフトビールが美味しかった |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

首里城、本当に燃え落ちてしまったのね、初めて見たけど・・・。首里城近くにはクラフトビール屋さんがあって、とても美味しかった。

そして東京へ

帰りの飛行機の時間になりました。帰ろう、帰ろ、お家へ帰ろう。

さらば沖縄、また来年

日が暮れる首里城 |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
那覇空港 |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
満席の飛行機にゆられて |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
夢の時間を過ごした沖縄から帰ってきてしまった |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
また来年、沖縄へ |Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

沖縄に来るのは、おそらく来年。できれば5月(宮古島)。もしくは11月(名護)。また戻るのが楽しみです。