常用できる120フィルムを今選ぶなら? ILFORD HP5 PLUSという選択肢

常用フィルムにILFORD HP5 PLUSはどうでしょう?|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS
常用フィルムにILFORD HP5 PLUSはどうでしょう?|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS

ローライフレックスで常用したいフィルム行脚は続きます。今回はILFORD HP5 PLUSというフィルム。そういえばイルフォードのフィルム使うの初めてだわ。

忘れないうちにHP5 PLUSの現像データ

忘れないうちにHP5 PLUSの現像データをメモしておきましょう。そうしましょう。

D-76(1:1)@20℃で13分

HP5 PLUSのテクニカルシートを読むとD-11で現像とあります( ^ω^)・・・家にはD-76しかないよ。というわけで、テクニカルシートの時間にだけ従って、D-76(1:1)で現像しました。

現像:20℃/13分(最初30秒連続、以降10秒撹拌・50秒静止)
停止:30秒ちょい
定着:6分ちょい ※そろそろヘタッてきたかしら
水洗:1分+QW1分+5分
ドライウェル:1分

ILFORD HP5 PLUSで夜を撮る

ILFORD HP5 PLUSは感度400なのですな。今まで、ARISTA EDU ULTRA 400とTRI-Xという2つの同じ感度のフィルムを使ってきましたが、はてさて、どんな違いがあることやら?

夜でも、トーンが豊かな優しい微粒子

ゴールデン街とILFORD HP5 PLUS|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS
ゴールデン街とILFORD HP5 PLUS|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS
ILFORD HP5 PLUSは暗闇でも黒がつぶれない|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS
ILFORD HP5 PLUSは暗闇でも黒がつぶれない|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS
ローライの手振れが酷い|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS
ローライの手振れが酷い|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS
1/30以下は手振れ危険地帯|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS
1/30以下は手振れ危険地帯|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS

現像してスキャンして、オォ。。。っとなりました。手振れがヒドい(;^_^A

現像液がD-11じゃなかったせいか、現像時間が短いのか、振り方が手ぬるいのか、はたまたスキャンの問題か・・・。理由はさておき、今まで試したフィルムの中で最もあっさりトーンです。

フォトショでトーンカーブをグリグリしないと、かなり平たい画像になります。

その分、とても柔らかく優しい描写で、粒子も全然目立たたず、これは良いフィルムだす(◎_◎;)

ILFORD HP5 PLUSで昼を撮る

せっかくなのでHP5 PLUSで昼も写真を撮りましょう、そうしましょう。今度はピントも合ってるし、手振れもしてないようだ(;^_^A

ようやくローライでオォってなった

昼でも暗いところはブレる|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS
昼でも暗いところはブレる|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS
スキャナの設定変えたらご機嫌になってきた|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS
スキャナの設定変えたらご機嫌になってきた|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS
JPEGでスキャンしたほうが良い結果だった|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS
JPEGでスキャンしたほうが良い結果だった|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS

HP5 PLUSの昼の写真からスキャンの設定を変えまして、ようやく納得(満足ではない)できるようになってきました。TIFでスキャンする意味なかったんや。。。orz

トーンカーブで黒を締めるといい感じ|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS
トーンカーブで黒を締めるといい感じ|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS
葉っぱなどの細かいところもしっかり描写するようになってきた|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS
葉っぱなどの細かいところもしっかり描写するようになってきた|ROLLEIFLEX 2.8F + ILFORD HP5 PLUS

と言う訳で、普通にjpgでスキャンしたものをリサイズしてホコリ取ってトーンカーブいじってみたら、オォ、良いじゃないか、良いじゃないか、ますますHP5 Plus良いじゃないですか!?

スキャンしたばかりの素のモノは眠いですが、フォトショで一発解決。というか、フォトショでしっかり煮詰めていかないといけません。ローライ+スキャナの撮って出しはNGであります。

撮って出しから十分しっかりした絵になってくるTri-X、ひと手間かけて絵にするHP5 Plusという感じ。それでも、十分HP5 Plusは良いなと思ったり。

常用フィルムとしてのILFORD HP5 PLUS

と言う訳で、いくつか試したモノクロフィルム。常用を考えたら、これはもう一択かもしれません。

入手性・描写抜群、しかも安い

これからの常用フィルムはHP5 PLUSにしよう、そうしよう。描写は自分で確認して折り紙付きで、自家現像もやりやすく、路面店でもネットでもどこでも簡単に手に入る入手性の良さ。

しかも、しかも・・・お買い得(〃艸〃)ムフッ ヨドバシでまとめ買いすれば、ガイツーより安いかも??

できればトライXを使いたい、というのはあるけれど、HP5 Plusは十分代用、イエイエ、きっとそれ以上になると感じたり。と言う訳で、ちょくちょく別のフィルムを試しつつ、ローライはしばらくHP5 Plusで運用いたします(*´ω`)