Skip to content

Leica M10とSummilux 35mm f1.4 2nd

今年はLeica M10に始まり、M10に終わる1年になりました。という訳で、今年最後の記事はSummilux 35mm f1.4について。

スポンサーリンク

Summilux 35mm f1.4とは?

この界隈、もうご存知の方ばかりで今さら・・・という感じなのですが(;^_^A

クセ玉の代表? Summilux 35mm f1.4

Summilux 35mm f1.4とは?|RICOH GR2
Summilux 35mm f1.4とは?|RICOH GR2

ズミルックスと言えば、可哀相なことに「クセ玉」の代表みたいに言われるレンズ。製造は1960年から1995年と、実に35年に及ぶロングセラーです。

このレンズは製造番号319万台なので、製造年をひもとくと、どうやら1982年(※)らしい。エルマーの最古体を考えていたくせにメッチャ新しい、ほぼ最新(!?)のレンズでした。

※出典:ライカレンズ シリアルナンバーリスト


Summilux 35mm f1.4の年代にまつわる不思議

35年のロングセラーですから、ほぼどこのカメラ屋さんにも置いてある、とても見つけやすいレンズであります。

1stなのか2ndなのか・・・

球面ズミルックスをM10につけてみた|RICOH GR2
球面ズミルックスの世代の呼び方|RICOH GR2

ズミルックスを調べると、サイトや文献によって呼び方がまちまち。1960-95年までの「球面」を1stと一括りにするものがあったり、筐体の違い(レンズは同じ球面)で1960-66までを1st、1967-95年までを2ndと呼んだりしています。

マップカメラや中古カメラ店では、ほとんどが66年までを1st、それ以降を2ndと読んでいるようです。

ちなみに2ndより後の世代は非球面レンズを使っているそうですが、ワタクシ使ったことないのでどんなレンズか分かりませぬ。

もう一つちなみに、ズミルックスは当時最速と謳っていますが(実際f1.4はズミのみ)ですが、その2年前(1958年)にキヤノンはすでに35mm f1.5というレンズを出し・・ry


ズミルックスはフード12504が素敵

ズミルックス、というかライカレンズはどれもフードが素敵(*´ω`) えぇ、個人の感想です。

とてもコンディションの良いフード12504

とてもコンディションの良いフード12504|RICOH GR2
とてもコンディションの良いフード12504|RICOH GR2

フード12504は分割式|RICOH GR2
フード12504は分割式|RICOH GR2

フィルターまでライツ製だった|RICOH GR2
フィルターまでライツ製だった|RICOH GR2

レンズに付属していたこのフード。2nd用の12504でありますが、あらま、ビックリ。思いのほかコンディションが良い

付属だからボコボコだったり、純正の12504じゃないかもと、ほとんど期待しておりませんでしたが、これは嬉しい限りであります(*´ω`) フィルターもライカ純正だし、まぁすごいこと。ちなみに、フィルターはフード本体と筐体の間に入れ込む形になります。

ライカレンズって、フードが素敵。特にこの12504やエルマー(35mm)の黒フード(FLQOO)、ズマロンやズミクロンの黒フード(ITDOO)って、う、うつくしひ・・・(º﹃º)


ライカM10とズミルックス35mmの作例

最後は、作例・・・というか、何も考えずに撮ったズミルックスの写真をば(;´Д`)

ズミルックスのカラー写真

作例と言えば猫|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
作例と言えば猫|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

絞って撮るとかなりコントラストある|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
絞って撮るとかなりコントラストある|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

ズミルックスのカラー写真はご覧のとおり!? 開放では思いのほかコントラストが低いんですな。その割にちょっと上げるとすぐ潰れてズミルックスの柔らかさがなくなってしまったりして、調整が難しいでございます(;´Д`) 日中、絞って撮ると、これまた思いのほかシッカリ、コントラスト良く写ります。へぇ~、絞りで全然表情が違います。面白い。

ズミルックスの写真は他にもあります。タグ付けしているので、そちらからどうぞ。

タグ: Summilux 35mm F1.4

ズミルックスの写真をトライX風に現像してみた

M10+ズミルックスをトライX風に現像|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
M10+ズミルックスをトライX風に現像|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

M10+ズミルックスはモノクロのほうがしっくりくるかも!?|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4
M10+ズミルックスはモノクロのほうがしっくりくるかも!?|Leica M10 + Summilux 35mm f1.4

続いては、一度カラーでアップした写真を加工して再アップ。LightroomでトライXのフィルタかませて、ちょちょっと弄って現像してみました。う~ん・・・。個人的にはカラーよりモノクロのほうが落ち着きますのぅ(;´Д`)

■元のカラー写真
飲み屋横丁、さくらトラムとライカM10


ズミルックスとキヤノンレンズ、どっちがどっちでショー?

最後はいじわるクイズ! レンズ当て~(゚∀゚) めっちゃ分かりやすいかも・・・(-_-;)

ズミルックスの写真はどっち!?

レンズ①|Leica M10 + ??
レンズ①|Leica M10 + ??

レンズ②|Leica M10 + ??
レンズ②|Leica M10 + ??

上の(1)と(2)の写真はキヤノンレンズ35mm f1.5とズミルックス35mm f1.4で、ほぼ同じ時刻、同じ場所(日付は異なります)で撮影したもの。絞りはどちらも開放。シャッタースピードは不明。ピント合わせなんてしません(◎_◎;) 現像はLightroomにて素現像(ノーレタッチ)です。さぁどっちがどっちでショー!?

ちなみに、当たっても特典はありません(*´ω`)


ではでは、2017年のLeica Travelogueはこの記事にてオシマイ。来年は「トラベローグ」の名に恥じぬよう、しっかり旅行してキチンと定期的にアップしていきたいものでございます(*´ω`) 皆さまも良いお年を。


ブログランキング・にほんブログ村へ

3 Comments

  1. boriko@camera

    苦楽園さん、ありがとうございます。

    球面ズミお好きなんですね。明るく、コンパクトで雰囲気ある描写で、旅行とかにピッタリですよね。

    ちなみにクイズの正解は(1)がズミルックスです。
    キヤノンレンズは開放からかなりシッカリ写る印象です。
    ※ただしキヤノンレンズは四隅が常にケラれるし、絞っても描写はあまり変化しません。

  2. 私の球面Sumiluxは、1970年カナダ製と1990年ドイツ製チタンでした。

  3. レンズ②が球面Suniluxっぽい。右上の光が暴れてるので。でもキャノンは知らないので外れてるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です